ハードディスクを取り出す

PCが起動しない、と言った根本的な問題から、起動はできるけれど特定のフォルダやファイルにアクセスできないと言ったトラブル、果てはうっかりゴミ箱からも削除してしまったけれど、本当は削除してはいけないデータだった、なんて事態に直面することは意外と少なくありません。
しかしそういったトラブルは解決のしようがなく、諦めなくてはならないものだと思い込んではいないでしょうか。
ハードディスクに関わる問題というのは、専門技術を用いれば復旧できないこともなく、何の手も打たずに諦めてしまうのは些か勿体ないと言っても良いでしょう。
諦めなくてもまだ大丈夫、出来ることはある、ということを是非思い出して、対処にあたりましょう。
とは言え一体どうすればハードディスクの中身を復旧することが出来るのかと言うと、専門技術が必要になるからこそ、プロの力が必要不可欠になってきます。
ですからいざという時はPCのプロ、ハードディスクの中身のデータ復旧に強い業者を頼りましょう。

やってはいけないこと

専門家の手にかかればハードディスクの中身を復旧できる、とはいえ、PCに問題が起きてから業者の元に送り出すまでにやってはいけないこと、というのがいくつかあります。
最初の内は自分でどうにか頑張れば何とかなるのではないかと思って色々試行錯誤したくなるものですが、その試行錯誤が余計に事態を悪化させ、何の手も加えなければすぐに作業が済んだものをややこしくさせてしまい必要以上に時間や費用が掛かる可能性があるからです。
特にやってはいけないのはデフラグ、自動修復にリカバリー、フォーマットなどですが、何度も同じ動作を繰り返したり物理的にハードディスクに衝撃を与えるなども控えなくてはなりません。
何かやってみたら直るかもしれない、と思ってしまうのは仕方のないことですが、それが確実に修復へ繋がると確信が持てるわけでないのなら手を付けないことがベストです。
おかしくなってしまってどうにもデータにアクセスできない、そういった事態を解決するだけの専門知識がないのであれば、無茶はしないのが賢明です。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031